おせち料理

おせち料理にはひとつひとつに意味があります。
お正月にふさわしく、日本の伝統でおめでたい意味が込められています。

昆布巻きは「よろこんぶ(よろこぶ)」、数の子は「子宝」、黒豆は「まめに働く」、田作りは「五穀豊穣」、筑前煮のれんこんは「先を見通す」、里芋は「子孫繁栄」などなど。

おせちの意味を知ることでお正月からハッピーは気持ちで食卓を囲めますね(^▽^*)
両親やおじいちゃん、おばあちゃんから子供、孫に伝えていくのも伝統を守るためには必要かもしれません☆